【マッチングアプリ体験談】ガチでヤバい商社→無職ニート男と出会った話

最近とても流行っているマッチングアプリですが、ごく稀に「激ヤバ」な男性とマッチングすることがあります。

実は私も、マッチングアプリをつかっていてガチでヤバイ男性と出会ったことがあるんです…。(思い出すだけでもちょっとイラッとするし、早く忘れたい…)

今回は、私がマッチングアプリで出会ったガチでヤバイ男性のお話をご紹介します。

 

私のスペック

まず簡単に私のスペックをご紹介します

年齢:22歳
顔:中の上(自分でいうのもなんだが出会った男女にはかわいいと言われることがおおい)
体型:155センチ(やや細み)
職業:受付
趣味:音楽鑑賞(back numberとHYが好き)ゲーム(SwitchもPS4もする)
タバコ:吸わない
お酒:まぁまぁ飲む

ざっくりこんな感じですかね。
それなりに普通に近いといえば近いスペックかなと思っています。

 

やたら返信が早いなと思っていたら…

相手の男性のスペックも超ざっくりですが書いておきましょう。

26歳、商社勤務、年収300万〜400万円前後

って感じですかね。
ん〜〜〜、まぁ普通っちゃ普通なんだけど、なんていうか…ナシ寄りのアリ?www

 

私がマッチングアプリを使い始めてまだそんなに経っていない頃に出会った強烈な人で、今でもよく覚えています。

いいねをしてもらったので、お返しでいいねをしたらマッチング成立し、「まあ顔もそんなブサイクじゃないし、メッセージもこないだろうな〜」と思っていたらまさかのメッセージがきて

「はじめましてー!マッチングありがとねー!」

と言われました。「いやまあ私年下だからいいんだけど…(よくないけど)最初からタメ口…」とちょっとモヤっとしたのですが、まあこんなもんなのかなと思って1週間くらいやりとりをしていました。

もうひとつ気になったのが、がやたらと返信が早かったところ。

どんなに遅れても2時間とかそれくらいで返ってくるし、朝も昼も夜も深夜もすぐ返事が返ってくるので、ある時「こんなにたくさんお返事してもらって仕事大丈夫?無理しないでね」とメッセージを送りました。

すると「仕事の合間にちょくちょく返してるだけだし、いま暇な時期だから心配しないでー!」と言われたので、そこからさらに1週間くらいメッセージのやりとりをして、話も合うので「一回会ってみよう」となったのです。

 

わたしも第一印象はあまりよくなかったけど話してて楽しいしまずご飯に行ってみようかなと思って実際に会うことになりました。

 

実際に会ってみたんですが、まず写真と顔が全然違う。あとで聞いたら、加工とバレない程度にほどほどに顔を加工してたみたいです。
え…女子なの????とww

服装を言われてもそれっぽい人はいるけど顔が全然違う…と思ってなかなか見つけられなかったのですがそりゃ見つからないわ…って感じでした。

まずこの時点で「こいつはないな」と思ったんですけど、なんとご飯を食べているときに「最近仕事どう?」と聞くと「実は俺数ヶ月前に仕事やめていま無職なんだよね〜嘘ついててごめんwww」みたいな軽いノリでサラッと言われて「?!?!?!」となってしまいました。

流石に向こうもわたしが幻滅してることに気づいたのか焦って「仕事は探してる」と言ってましたが、正直信用できず…

 

その後も、商社勤務してた頃の武勇伝(これは本当だったらしい)を聞かされ、挙げ句の果てには

「俺は俺を立ててくれる女の子がすきなんだよね〜やっぱ男って褒められたい生き物じゃん?俺のことは常にヨイショしてくれる女の子がすきだしそういう子と結婚したいな〜」身の程知らずな発言をされてドン引き。

 

まとめ|食事の後

ご飯のあと、「このあとどうする?」と言われましたが「帰りまーす」っていって速攻帰りましたね!w

ご飯は不幸中の幸いで奢ってくれましたが、奢りじゃなかったら胸ぐら掴んでたかもしれないレベルで終始ムカついてましたw

初めて会った男性が無職ニートの激ヤバ男だったのでしばらくマッチングアプリを使う気が失せてしまいましたが…そのトラウマを乗り越え現在もマイペースに婚活を続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です