【Pairs】ペアーズ体験談|メッセージが続かない男性の特徴3選+おまけ1!

今や10人に1人がマッチングアプリを使う時代。

日々登録者が増え続けているマッチングアプリには、もちろん素敵な男性もたくさんいますが、中には要注意な男性も存在します。

この記事では、筆者がPairsで出会ったメッセージが続かない男性の特徴をお伝えします。

すぐに会おうとする

マッチングして数通やり取りしたあと、すぐにデートに誘う男性。

まだお互いのこともよく知らないのに会おうとされると、ヤリモクかな?誰でもいいのかな?という印象を受けてしまいます。

筆者はマッチングするなり一通目から「今日暇ですか?」と送られてきたことがあり、このときは正直引きました…。
ちなみに、そういったメッセージへの返信はしていません。

ちまちまメッセージをやり取りするなんて面倒だから会って話したい!と思ってしまう気持ちもわからないことはないですが、会うタイミングはお互いでよく話し合って決めたいものです。

しつこくメッセージを送ってくる

マッチング後メッセージのやり取りをする中で、仕事が忙しくてメッセージを送る余裕が無いときや、どうしても返信する気分になれない時もあります。

そんな時に…

「返事くれないの?」
「俺何かしたかな?」

と、しつこくメッセージを送ってくる男性には要注意です。

このような追撃メッセージが届くと、女性としては逆に返事をする気が失せてしまいますよね。

筆者はこういったメッセージに返信するのが億劫になり放置していたところ、最終的に脅迫まがいのメッセージが届き、運営に通報したことがあります。

こういったトラブルを避けるためにも、メッセージを送る余裕がないときはその旨をきちんと伝えるか、やり取りをやめたいと思った際にはきちんと理由をつけてお断りした方がいいでしょう。

メッセージの内容が返信しづらい

女性側が質問した内容に対して、「うん」「そうだよ」といった短い返事を送ってくる男性がいます。

短すぎるメッセージは会話を広げるのが面倒で返事をしづらい上に、「自分に興味がないのかな」と思ってしまいますよね。

文字でのコミュニケーションが苦手なのかもしれませんが、お互いの理解を深めようとしている姿勢を示してくれた方が女性側としては好印象です。

こういった男性と無理してコミュニケーションを取り、実際お付き合いすることになったとしても女性側が疲れてしまう可能性が高いように感じます。

フィーリングが合う男性というのは、やり取りの段階から楽しいと感じるもの。少しでも違和感を覚えたら距離を取るのが得策といえます。

距離感が近すぎる

マッチングしてやり取りを続けるうちに、過剰に親しげなメッセージが送られてくることがあります。

ハートの絵文字の乱用、「今日これ食べたよ」というような日記的メッセージ、こちらのプライバシーに踏み込むような発言。

こういった内容が日常的に届くようになると、「彼氏でもないのに馴れ馴れしい!」と感じてしまうものです…。

まだ一度もデートしたことがないのにこのような態度をとられた場合は、特に要注意ですね。

距離感の違いを理解し合うのはなかなか難しいかもしれませんが、お互い無理なく同じような距離感で接してくれる男性を見つけましょう。

 

 

さて、今回は「メッセージが続かない男性の特徴」を紹介してきました。

Pairsには素敵な男性がたくさんいます。

合わない男性とは無理して付き合わず、あなたに合った理想の相手を探しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です